HOME > 仕事人のつぶやき > 京土産 抹茶味の底力
スタッフブログ
2019/03/13

京土産 抹茶味の底力

仕事人のつぶやき

こんにちは。kutsukakeです。

 

 

 

 

 

 

 

私があのお菓子に出会ったのは、10年ほど前だったか…

 

 

 

 

私は京都は宇治出身。

 

 

 

 

京都ブーム、抹茶ブームがますます白熱していた頃

 

 

 

 

京都のそこかしこには、“いかにも京都らしい”

 

 

 

 

“はんなりしたモダンで洒落乙”なお店がこぞって出店

 

 

 

 

土産菓子なども“洋風に”“新しく”“斬新に”

 

 

 

 

 

『腐っても“抹茶味”』

 

 

 

 

抹茶味にアレンジされたものばかり目にするようになった。

 

 

 

 

いい加減…

 

 

 

 

いい加減、抹茶だらけの京土産にへきえきしていた(¬_¬)

 

 

 

 

何でもかんでも抹茶味にすりゃあいいってもんじゃないぞっ!(*`д´)

 

 

 

 

 

百歩譲って“抹茶味”は仕方ないにしてもだ、

 

 

 

 

問題は素材よ。

 

 

 

 

チョコかクッキー、ラングドシャ、生八ツ橋に有名スナック菓子とコラボ…

 

 

 

 

何でもかんでも抹茶味にしやがって…。(-_-メ)

 

 

 

正直…『抹茶味は宇治の“茶だんご”一本で十分だ!!(*`Д´*)』

 

 

 

 

と声を大にして言いたかった。

 

 

 

 

 

 

 

そんな事を悶々と感じて過ごしていたある日

 

 

 

 

名古屋の友人宅へ伺う為

 

 

 

 

新幹線の発車時間まで時間つぶしに土産を探して

 

 

 

 

緑緑した京都駅の土産物売り場をあぐね歩いていた。

 

 

 

 

友人の家族はお漬物好き

 

 

 

 

老舗漬物屋でお漬物土産は難なくゲット。

 

 

 

 

お仏壇へのお供えにとお茶菓子を探していたのだ。

 

 

 

 

抹茶味はいいが、何か、もう少しオリジナリティのある…

 

 

 

 

誰もが食べて喜びそうなお菓子はないかと。

 

 

 

 

それは抹茶味のラングドシャや生八ツ橋に群がる観光客を尻目に

 

 

 

 

ある一角にひっそりとそれは陳列されていた。

 

 

 

 

ん?(◎_◎)

 

 

 

 

んん?(◎_◎;)

 

 

 

 

うぬぬぬぬ?(◎Д◎;)

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると…むちゃくちゃ美味そうではないか!?(;✧Д✧)

 

 

 

 

ラングドシャみたいにちまちま小さくない。

 

 

 

 

生八ツ橋みたいに開けたら最後。食べ終わるまで気が抜けない包装でなく

 

 

 

 

きちんと一つ一つ個包装。

 

 

 

 

これいいんじゃない!?(>Д<;)

 

 

 

 

4個入り、6個入り、10個入りと個数のバリエもある。

 

 

 

 

友人宅は従業員さんが12名ほどいらっしゃるお宅…

 

 

 

 

10個入りを2箱と味見用に4個入りを1箱購入

 

 

 

 

新幹線に乗り込んだ。

 

 

 

 

味見用を一つ試食。

 

 

 

 

 

 

抹茶味のふわふわスポンジケーキ、黒豆あん抹茶チョコが

 

抹茶味の生八ツ橋でサンドされている。

 

 

 

 

これは珍らしい…新食感だ♡

 

 

 

 

むちゃくちゃ美味いではないか!!(◎ρ◎;)

 

 

 

 

抹茶味の底力…見せてもらったぜ!(;✧Д✧)

 

 

 

 

 

自信を持って友人宅へ

 

 

 

 

みなさん「初めて食べた!」と喜んでくださった。

 

 

 

 

あれ以来、他府県へ出向く折は、可能な限り『京町家ケーキ』

 

手土産にしている。

 

 

 

 

以前勤めていた会社で他府県への出張があった。

 

 

 

 

他府県の方こそ京土産の『おたべ』や東京土産の『東京ばな奈』には

 

 

 

 

じつは飽きているのだ。

 

 

 

 

私たちが広島帰りのご近所さんにもみじ饅頭をもらった時と同じ感覚だ。

 

 

 

 

「ありがとうございます。(…がしかし…また…これか)』なのだ。

 

 

 

 

「広島行ってきたんですよぉ」がもう怖い。

 

 

 

 

出る…(-∩- ;)

 

 

 

 

出される!(>< ;) 

 

 

 

 

「はい!お土産のもみじ饅頭!』

 

 

 

 

(出たっ!! またこれかい!(>Д< ;))なのだ。

 

 

 

 

京都から来ましたというと、きっと内心

 

 

 

 

「はぁ…また『おたべ』かよ。(¯―¯٥)だと思われたところで

 

 

 

 

「これ…食べて美味しかったので…」と『京町家ケーキ』を出す。

 

 

 

 

間違いなく食いつく

 

 

 

 

「おっ!?これはなんですか?京都の?あまり見ないなぁ…どれどれ」となる。

 

 

 

 

一つ一つ小包装なので、工場さんなどの視察時にもってこい。

 

 

 

 

また、クッキーなんかだと、一人に一つじゃちょっと貧疎だし、

 

 

 

 

一人に二、三個当たるように買えば完全に予算オーバー。

 

 

 

 

その点『京町家ケーキ』は一つにボリュームがあるので、

 

相手先の人数分買えばOK。

 

 

 

 

それぐらい見栄えがするってことです!(◎ρ◎;)

 

 

 

 

賞味期限も約10日程あって…

 

 

 

 

前もって用意しておけるのが手土産には向いている。

 

 

 

 

『阿闍梨餅』みたいに出来立ては確かにとても美味しいけど…

 

 

 

 

日が経つと食べられたもんじゃない(-_-;)

 

 

 

 

的なものはお土産には難しい。

 

 

 

 

なので賞味期限1週間から10日程度のものが丁度良い(´^`)

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもっ!

 

 

 

 

先日知りました!!

 

 

 

 

なんとっ!!!

 

 

 

 

『黒糖きなこ味』が登場しておりました(;✧Д✧)

 

 

 

 

 

 

 

間違いなく美味しいヤツやん…(>Д< ;)

 

 

 

 

実はまだ現物にお目にかかったことはございませんが…

 

 

 

 

次回の手土産には

 

『京町家ケーキ・黒糖きなこ味』を持参したいと思います。(*´`*)

コメント

  • 貴店の集客ポスター作ります!