HOME > 仕事人のつぶやき > なんにしても“純”はすごいのです
スタッフブログ
2018/12/19

なんにしても“純”はすごいのです

仕事人のつぶやき

こんにちは。kutsukakeです。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日“純喫茶”に行きました。

 

 

 

 

“純喫茶”の定義をご存知で?

 

 

 

 

あ…(´・_・)

 

 

 

 

何かの知識を押し付けようなどと更々思っておりません。

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

私も“純喫茶”の定義など知りませぬゆえ。

 

 

 

 

ただ色々な形態の飲食店がある時代

 

 

 

 

「こんな店を“純喫茶”と呼ぶのかな~」という

 

 

 

 

あくまでも希望的観測で申しますと…

 

 

 

 

イメージ①:蝶ネクタイベストを着たマスターがいる

 

イメージ②:店内にはジャズクラシックが流れている。

 

イメージ③:暖かいタオルのおしぼりが出る

 

イメージ④:注文を受けてからマスターコーヒーを淹れる

 

イメージ⑤:コーヒーカップはカップウォーマーで温められている

 

イメージ⑥:メニューに軽食がある

 

イメージ⑦:メニューにパフェがある

 

イメージ⑧:GSフード“ブラックティー”を使っている

 

イメージ⑨:“VAN HOUTEN”ピュアココアを使っている

      (最初からお砂糖が入っていないということが重要)

 

イメージ⑩:『アモーレ』というメニュー名のアーモンドオーレがある

 

 

 

 

おっと、少々希望的観測色が濃くなってきたので…

 

 

 

 

この辺にしておきますが

 

 

 

 

こういった感じか…

 

 

 

 

王道真っしぐらの喫茶店が

 

 

 

 

“純喫茶”でございましょ?

 

 

 

 

先日伺った喫茶店は、

 

 

 

 

先ほどのイメージを上回る

 

 

 

 

それはそれは“純”“純喫茶”でございました。

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

メニューに

 

 

 

 

『フルーツパフェ』はもとより

 

 

 

 

『フルーツクリームあんみつ』があるのでございますから( *゚-゚* )

 

 

 

 

何を隠そう、私の実家も15年ほど喫茶店を経営しておりました。

 

 

 

 

だから分かるのでございますよ。

 

 

 

 

メニューに“フルーツ”を導入する難しさを。

 

 

 

 

特に観光地や繁華街に店を構えているわけではない

 

 

 

 

地域に溶け込んだ喫茶店での

 

 

 

 

“フルーツ”を使うメニューは

 

 

 

 

想像以上に困難なのでございます。

 

 

 

 

なぜかと申しますと

 

 

 

 

“フルーツ”は常に新鮮でなければなりません。

 

 

 

 

ごく当たり前のことだとお思いでしょうが、

 

 

 

 

いつ注文が入るかわからない“フルーツ”使用のメニューのために

 

 

 

 

常に新鮮な“フルーツ”を用意しておくなんて不可能なのでございます。

 

 

 

 

その代表格が喫茶店の花形スター『フルーツパフェ』

 

 

 

 

メロン、イチゴ、リンゴ、バナナ、キウイ、パイナップルなど

 

 

 

 

最低5~6種類は新鮮な果物を飾らなければならない。

 

 

 

 

しかもどんな季節でもメニューに載っている以上

 

 

 

 

変更するわけにもいかず、

 

 

 

 

『季節のフルーツパフェ』なる名前に変えた途端

 

 

 

 

なんだか“純喫茶”でないような…(¯―¯٥)

 

 

 

 

みかんや桃のように缶詰にも逃げられず、

 

 

 

 

マンゴーのように冷凍にも逃げられない種の“フルーツ”は

 

 

 

 

とても難儀なのでございますよ。

 

 

 

 

いいとこ常時置けるのは比較的安価なバナナとリンゴぐらい

 

 

 

 

実家の喫茶店も『フルーツパフェ』はとっとと姿を消し

 

 

 

 

『チョコレートパフェ』一本槍でございました。

 

 

 

 

そんな裏事情を知りつつ入った“純喫茶”

 

 

 

 

どんなものかと『フルーツクリームあんみつ』をオーダー

 

 

 

 

なんと…(◎Д◎;)

 

 

それはそれは新鮮なフルーツの数々

 

 

 

 

にも況して寒天やあんこも出来たてのような美味しさ

 

 

 

 

お客さんはというと…

 

 

 

 

普通に…まばら…(´・_・`)

 

 

 

 

何かコツがあるのだろうか…?

 

 

 

 

どれほどの経営努力かと感服させられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

う~ん(‘~')

 

 

 

 

たぶん…

 

 

 

 

このすごさ

 

 

 

 

わらないだろうなぁ~(-∩- ;)

 

 

 

 

 

 

 

 

なんにしても“純”貫くということはすごいのです。

コメント

  • 貴店の集客ポスター作ります!