HOME > 仕事人のつぶやき > 年末ぐらいは食べたい
スタッフブログ
2018/12/02

年末ぐらいは食べたい

仕事人のつぶやき

前回のあらすじ

歌番組も少なくなりましたね。

年末です。また今年も来ましたか。今年はちょっぴり特別なのかもしれないですけど。どうもサンデーです。

平成最後の平成最後のなんて言ってますけどね、そもそも元号が切り替わった瞬間に立ち会うのも初めてなんで。
昭和から平成に切り替わったときに、「え、アレ最後の昭和の年末だったの!?」とか思ったから、平成最後を押すんですかね?
そう思うと切り替わってから去年の年末の過ごし方を悔やみそうな気がします。

 

さて、11月29日に美味しいお肉を食べ損ねたのですが、こんな牛の話題があるみたいです。

「巨大すぎて食肉処理場に断られた牛」はなぜこんなにも巨大になったのか?


体高194cm、体重1.4トンという巨大な牛「ニッカーズ」がオーストラリアで飼育されているとして話題になっています。「大きすぎて食肉加工できない」として生き延びたニッカーズは、なぜこんなにも巨大になったのか?という質問にワシントン州立大学の生物学者が答えています。

How Did That Big Cow Get So Huge?
https://www.livescience.com/64187-big-cow-steer.html

Big Knickers a standout on Myalup farm | PerthNow
https://www.perthnow.com.au/business/agriculture/big-knickers-a-standout-on-myalup-farm-ng-b881032899z

Knickers the cow: why Australia's giant steer is so fascinating | World news | The Guardian
https://www.theguardian.com/world/2018/nov/28/knickers-the-cow-why-australias-giant-steer-is-so-fascinating

No sale for Australia's enormous Knickers (who is male, by the way) - BBC News
https://www.bbc.com/news/world-australia-46357449

ニッカーズは他の牛から抜きんでて巨大で、その体高は元バスケットボール選手のマイケル・ジョーダン氏とほぼ同じ。「オーストラリア最大の牛」と呼ばれる巨大さゆえ、2018年10月にオークションに出されたものの、食肉加工業者から「大きすぎて食肉の加工機で扱えない」と断られたそうです。ニッカーズは食肉加工用の機械に乗せるには重すぎるため、食肉として加工するためには床で作業をする必要がありますが、そうすると汚染の問題があるため、最終的には作業を断念せざるを得ないと結論づけられました。

ニッカーズの巨大さは以下のムービーを見ると一発で理解できます。

Meet Knickers, the 1,400kg cow from Australia - YouTube

続きを読む

引用元:Gigazine

でかいですね。宇宙人とか未来の道具で大きくされたのではないかと疑うぐらいでかいですね。

何食べたらそんなに大きくなるの?とか他の牛に思われそうです。

これだけ大きかったら何人前のステーキになるのかと思いきや規格外過ぎて精肉にならずに済んだというのも面白い話です。

それでもギネス記録にはなれないなんて、ギネスの牛はもっと大きいらしいです。

プロフィール

プロフィール画像

書いた人:サンデー

一言:焼肉食べたい…。

コメント

  • 貴店の集客ポスター作ります!