HOME > 仕事人のつぶやき > たったひとつの真実見抜く時のやつ
スタッフブログ
2018/11/07

たったひとつの真実見抜く時のやつ

仕事人のつぶやき

こんにちは。kutsukakeです。

 

 

 

 

 

 

前回のブログで、ちょっと『名探偵コナン』をかすらせましたが…

 

 

 

 

最近の『名探偵コナン』見て思うことを一つ書きます。

 

 

 

 

よくあるシーンなのだが、

 

 

 

 

子供になった工藤新一が時計型麻酔銃でへっぽこ探偵毛利小五郎を眠らせる。

 

 

 

 

蝶ネクタイ型変声期で謎を解くシーン。

 

 

 

 

昔は「ダメだこの角度だと撃てねぇ…」などと

 

 

 

 

毛利小五郎を狙う際、現場にいる人間にバレないように

 

 

 

 

細心の注意をはらっていた…はず。

 

 

 

 

最近はというと…

 

 

 

 

ガンガン眠らせる。(-∩- )

 

 

 

 

どこでも撃つ。(-∩- ;)

 

 

 

 

誰がいても撃つ。(>< ;)

 

 

 

 

隠れるのもとにかく雑い。(o-_-o)

 

 

 

 

いや、そこ、目暮警部の真横だよね!?な感じ。

 

 

 

 

いくら変声期を使っているか知らないが、

 

 

 

 

そんなに近くで話してたら…

 

 

 

 

生声聞こえるんじゃね?(¯Д¯٥) 的な。

 

 

 

 

殺人現場に子供がいる時点で非常識なのに、

 

 

 

 

殺人現場の家具などに子供が隠れたりする。

 

 

 

 

誰か一人くらい気付くだろうよ…。(◎_◎;)

 

 

 

 

とはいえ、

 

 

 

 

大好物だから仕方がないのだが…(´^`)♪

 

 

 

 

放送開始当時からの根強いファンがおりまするゆえ、

 

 

 

 

初期の緊張感大事にしてくださいましな。(*´`*)

コメント

  • 貴店の集客ポスター作ります!