HOME > 仕事人のつぶやき > 爪痕…ええ…とても痛いです_前編
スタッフブログ
2018/10/17

爪痕…ええ…とても痛いです_前編

仕事人のつぶやき

こんにちは。kutsukakeです。

 

 

 

 

 

 

9月に初め頃、各地で猛威を振るった台風21号

 

 

 

 

京都にもかなりの爪痕を残しました。

 

 

 

 

一番恐怖を感じたのは…

 

 

 

 

勤務中の15時ごろだったか。

 

 

 

 

ここまで大きな台風を経験したことのないわたくし。

 

 

 

 

ただただ野ざらしになっている我が車の心配をしておりました。

 

 

 

 

退社する18時頃には勢いも収まり、逆に異様な静けさの中、駐車場へ。

 

 

 

 

周りは支柱が折れた看板や風のはらむはずのないフェンスが全て飛んでいる現状

 

 

 

 

奇跡的に車は無傷。

 

 

 

 

ホッとして帰路に着いた。

 

 

 

 

信号はありえぬ方向を指し、

 

 

 

 

蛍光管がむき出しになった看板や、

 

 

 

 

めくれ上がった屋根を尻目に

 

 

 

 

改めて恐怖を感じながら車を走らせ帰宅。

 

 

 

 

家の所々に小さな傷跡が見受けられたが、

 

 

 

 

家族、皆無事で安堵した。

 

 

 

 

父の話によると、我が家でいちばんの被害はというと…

 

 

 

 

家の裏、下屋がある。

 

 

 

 

塩ビだかポリカーボネートだかでできた幅600mmほどの波板が連なった

 

屋根があるのだが…

 

 

 

 

 

その一枚が飛ばされて、そこだけぽっかり空いていた。

 

 

 

 

父も風が収まってから近くを探し回ったようだが、

 

 

 

 

見つかることもなく、

 

 

 

 

業者さんにお願いしようか、

 

 

 

 

はたまたホームセンターで波板を購入し…自分たちで修繕を。

 

 

 

 

などと相談をしていた。

 

 

 

 

次の土曜日、とりあえず屋根に上り仕様を確認。

 

 

なんとか自分たちで修繕できそうだと寸法を採寸。

 

 

 

 

屋根の傾斜もあり左の長さ1200mm、右の長さ1150mm

 

 

 

 

ホームセンターで寸法に合わせて斜めにカットしてもらうことに。

 

 

 

 

よく日曜日。早く洗濯を済ませてホームセンターへと、

 

 

 

 

裏の下屋を歩いていた。

 

 

 

 

我が家の裏には、お家があり、そのお家の2階部分が我が家の1階にあたる。

 

 

 

 

つまり背中合わせになったお隣さんの2階の屋根を

 

我が家の1階から見下ろす形になるのだが…

 

 

 

 

あれ?(°_°;)

 

 

何やら…

 

 

 

 

見覚えのある波板の色

 

 

 

 

 

お隣さんの屋根の鉄製の波板に、

 

 

 

 

完全に我が家のポリカ製波板がヒラリと舞い降りお邪魔していた。

 

 

 

 

塀の上を伝い、現物確認へ。

 

 

 

 

 

もっと近くへ…

 

 

 

 

 

目視(◎_◎)

 

 

うちのに間違いない!(◎Д◎;)

 

 

 

 

留め用の穴の間隔。

 

 

 

 

何より斜めにカットされた角度。

 

 

 

 

父と二人して「あった!あった!!(*>д<*)」と大喜び

 

 

 

 

おとなりさんに迷惑を掛けないよう、

 

 

 

 

再度塀を伝い、そ~っと回収へ向かった。

 

 

 

 

 

 

『爪痕…ええ…とても痛いです』後編につづく…

コメント

  • 貴店の集客ポスター作ります!