スタッフブログ
2018/09/26

仕事人のつぶやき

こんにちは。kutsukakeです。

 

 

 

 

 

 

ほんのり秋の気配がし始めた今日この頃…

 

 

 

 

あ…仰々しく書き始めましたが大したこと書きませんよ…(¬_¬)

 

 

 

 

秋になると、わたくし無性に欲しくなるものがあるんです。

 

 

 

 

それは…

 

 

 

 

『紙』

 

 

 

 

もともと子供の頃から紙好きではあったのですが(´・_・)

 

 

 

 

特に包装紙のような柄紙や和紙を見ると異様に惹かれておりました。

 

 

 

 

どなたかに送るプレゼントなどは、

 

中身より包装紙に力を入れてしまうことも度々。

 

 

 

 

大人になるにつれ、より面構えの良い紙に魅せられまして。

 

 

 

 

以前、丸太町付近で仕事をしております時にあるお店と出会いました。

 

 

 

 

紙好きの方にはよく知れたお店でございますが、

 

 

 

 

ご存じない方は是非一度訪れられてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

京都文化博物館1階にございます『楽紙館』

 

 

 

 

 

初めて訪れた時なぞは「一生ここにいたい」と思いました。

 

 

 

 

なんせ店中がこんな感じ…

 

 

 

 

 

 

 

 

色とりどりの和紙を見ていると、

 

 

 

 

なんと申しましょうか…

 

 

 

 

心が満たされるといいましょうか、

 

 

 

 

心が豊かになり、キュンと奮えるのでございますよ。

 

 

 

 

秋になるとこのお店に無性に行きたくなるのでございます。

 

 

 

 

 

 

 

先日、食事をご馳走になった方へのお礼にと、

 

 

 

 

その方の好きなお酒をお贈りしようと思いまして、

 

 

 

 

そのお酒を包むための紙を買いに訪れました。

 

 

 

 

2時間たっぷり時間をかけて3種類の和紙を選びました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん1枚から購入できますので、その3種を1枚づつ。

 

 

 

 

和紙はしなりやすく、添いやすく、それでいてしっかりしておりますので、

 

 

 

 

ラッピングが不得手な私でも簡単に包むことができます。

 

 

 

 

普通の包装紙と違ってもともと多かれ少なかれシワが寄っているので

 

 

 

 

包み直してもシワは目立ちませんし、

 

 

 

 

普通の包装紙のようにすぐ破れたりしません。

 

 

 

 

とても便利なのですよ。

 

 

 

 

そして余った紙はブックカバーにしたり…

 

 

 

 

きれいな和紙の掛った本がカバンなんぞに入っておりますと

 

 

 

 

それだけで気分が上がりまする。

 

 

 

 

心と目の保養完了…ですわね。(*´`*)

コメント

  • 貴店の集客ポスター作ります!