HOME > 仕事人のつぶやき > 出られない
スタッフブログ
2017/11/26

出られない

仕事人のつぶやき

前回のあらすじ

セール最終日です。

セール参加しました?どうも、サンデーです。

ユニクロは誕生感謝祭らしいです。暖かい衣服を揃える絶好の機会です。ちなみに月曜日までやっています。

海外ではこれぐらいの季節になるとダサいセーターを着るらしいです。「アグリーセーター」でどうぞ検索してみてください。

最近では、若者の「外出離れ」が判明したそうです。

若者の「外出離れ」が判明⇨「貧困化」を「○○離れ」って言うな、と怒りの声も

国交省の調査で、20代男性の休日の平均移動回数が大幅に減少したことがわかった。

2017年11月22日 11時25分 JST | 更新 1時間前

「クルマ離れ」「ビール離れ」「海離れ」など、若者の「◯◯離れ」が、度々話題になっている。今回は国土交通省の調査で、若者の外出回数が減少していることが明らかになった。

国交省は「因果関係ではなくあくまでも推測レベル」としつつ、参考資料としてスマホや宅配便の普及などライフスタイルの変化、「非正規」就業者の増加を挙げている。「外出離れ」と名付けた報道も相次いでいるが、ネットでは「離れじゃなく貧困化では」の指摘が多数挙がり、共感が集まっている。

 

若者は高齢者より外出回数が少ない

11月21日、国土交通省が5年に1度実施している全国都市交通特性調査の2015年版の結果が発表された。

その結果、20代の若者が1日に移動する平均の回数が、70代の高齢者を下回ったことが判明した。若者の外出は減少傾向、対して高齢者の外出は増加傾向にあり、2015年の調査で両者がついに逆転した形だ。

若者の移動回数の減少は、日本だけではなくアメリカ・イギリスとも共通の傾向にある。一方で、高齢者の外出回数が逆転したのは日本だけだ。

 

国土交通省「全国都市交通特性調査結果」

 

特に20代男性の休日の外出回数が減少

さらに男女別では、休日の20代男性の外出回数の減少が顕著だった。

20代男性が1日に移動する平均の回数は平日で1.91回、休日で1.24回。これは調査開始以来、最低となっている。初回調査が行われた1987年は平日が2.98回、休日が2.31回。休日の比較では30年間で47%も減少していた。

 

 

国土交通省「全国都市交通特性調査結果」

 

 

移動回数は、自宅にずっといた人が0回。自宅と目的地を往復すれば2回、その途中で立ち寄る場所が別にあれば3回とカウントされる。

家の外に一度でも出た割合を表す「外出率」でも、20代男性は平日が81.2%、休日が51.1%。平均して、休日のうち半分は、家から一度も出ていないことがわかった。

外出の目的別で比較すると、平日は男性の「業務目的」の外出が減少、休日は男性の「買物以外の私用」が大幅に減少している。

続きを読む

引用元:HUFFPOST

「若者の○○離れ」が叫ばれて久しい昨今、いろんなものに離れていったいどこに落ち着いているんでしょうか?

これからより一層寒くなっていくと思うと余計に外出は控えそうです。どうしてこういい感じの気温の日々はあっという間に過ぎ去ってしまうのでしょうか?

用事が無くても外出したいような気温じゃもうないです。

プロフィール

プロフィール画像

書いた人:サンデー

一言:寒くなってきました。

コメント

  • 貴店の集客ポスター作ります!